3D映画体験「アリス・イン・ワンダーランド」の3Dを体験しました。3D映画用の眼鏡は予想以上にゴッツかった。掛けていて疲れる事は無かったけど、私の顔には少し大きかった様でずり落ちてきた(笑)

どうやら私は3D映画を過剰に期待していた様です。アトラクションなどで飛び出して来る3D映像をよける。そんな事を想像していました。そこまでは「ピュンピュン」来ませんでした。

「アリス・イン・ワンダーランド」を3Dで見るべきか、通常版で十分なのかは分りませんが、3Dだと奥行きというか幅が有る映像になります。アクション映画やホラー映画なら迫力が半端じゃ無いかも知れませんね。

さてさて。本題!



って程では無いですが・・・

以前、字幕映画を見た時は。英語が耳に残る事は無かった気がします。スピードラーニングのお陰で英語が聞き取れるように成っています。

そして。翻訳するのは大変だろうな~と感じました。生意気ですが(笑)

「え!それだけ?」って感じの訳に気付きます。会話はリズミカルに進みますから。長々と日本語に訳す訳には行きません。仕方ないですね。

似合う帽子を選ぶシーンで「次」「次」「次」と訳された処では。英語は別の単語や英文が使われていました。英語が理解できる方にはニュアンスが違って聞こえるのでしょうね。

スピードラーニング1巻で「字幕が邪魔。字幕を読んで笑う人と英語が聞き取れる人の笑いがずれる」といった内容を思い出しました。

少しは理解できる部分も有りましたし、「へ~」そんな表現をするんだ~。なんて事も思いました。以前より英語が理解できるように成りました。

早く字幕無しで映画が見れるように成りたい。でも、道はまだまだ険しいけど(笑)

勉強時間は必要ナシ!「英語ができる人」になるとっておきの方法