資格一覧 スポーツに関する資格   

資格の具体的な内容や将来性、仕事にどういかすかなどに役立てて下さい。また、豊富な全国の学校や講座から自分にあった資格や講座が選べます。

 資格一覧


資格と仕事.net
資格と仕事人気資格一覧
やりたい仕事から資格を探す

資格と仕事で資料請求
資格の学校メリット・デメリット
学校の上手な選び方
通信講座のメリット・デメリット
通信講座の上手な選び方



サイトマップ





 資格・求人解決くん資格と仕事.netを上手に活用 ⇒ 資格一覧 




 スポーツに関する資格 

スクーバダイビング・インストラクター
海の魅力が何よりの「報酬」。ショップ開業などで高収入も望める。


公認スポーツ指導者
専門の知識を活かして スポーツに関するアドバイスを行う。


小型船舶操縦士
いわゆる「ボート免許」で、一定の船を操縦するのに必要


プロボウラー

トーナメントで好成績を上げれば、高収入も可能。


ライフセーバー
海やプールでの事故防止に努め、救助活動に貢献できる。


スキーインストラクター
初心者から上級者にスキーを教える、ゲレンデの花形資格。


登山・山地ガイド
登山を楽しむ人々の安全を守り、遭難を防ぐ山のプロ。


プロ野球審判員
正確にジャッジする判断力と体力が必要


日本ラグビーフットボール協会公認レフリー
A級を取得できれば、国際試合のレフリーとしても活躍できる。


陸上競技審判員
スポーツの花形、陸上競技の大会で、“走る・跳ぶ・投げる”などをジャッジ。


JAF公認審判員
JAF公認のモータースポーツ競技の判定をする。


エアロビクスインストラクター
フリーで安定収入を得るには、フィットネスクラブのかけもちも


パラグライダー教員
プロとしての安全な指導を行い、フライトの感動を分かち合う。




「学校に通う」か「通信講座で学ぶ」か?

学校に通う事が資格取得の早道ですが、費用面や時間の都合が付かないなどの問題で、通信講座を選ぶ方も多いと思います。「学校に通う」「通信講座で学ぶ」方法のメリットやデメリットを考えて講座選びをしましょう。

学校に通うメリット・デメリット    ・通信講座メリット・デメリット




 
 


スポーツに関する資格一覧TOPへ