資格のメリット 資格の種類

資格を取ろう
資格取得のメリット
資格の種類
資格取得は就職に有利?
資格を活かすには
自分に合った資格

資格で評価
英語は話せるが

独立系資格について
資格を選ぶ時に考える

士業は儲かるのか?

資格取得の勉強法
資格取得の為の勉強方
独学
通信講座
スクールに通う

速聴で能力アップ

サイトマップ

 資格・求人解決くん資格取得のメリット ⇒ 資格の種類


 資格の種類

資格は大きく分けると、「国家資格」「公的資格」「民間資格」「国際資格」などがあります。


【国家資格】

医師・税理士・弁護士・司法書士などのように、国家資格の多くは、有資格者以外が業務に携わる事が出来ない独占的な資格が多く、国の法律に基づいて認定される資格です。

一般的に難易度が高く、ステータスも高い資格が多く存在します。


【公的資格】

財団法人や日本商工会議所などが試験を実施し、官庁またはその大臣が認定する資格を公的資格と呼びます。難易度が高い資格も多いですが、国家資格のように有資格者が独占して業務を行うような強みはありません。

英検簿記検定インテリアコーディネーター・などが公的資格として有名。


【民間資格】

民間資格は企業や業界団体が認定する資格です。TOEICファイナンシャルプランナー・マイクロソフトオフィシャルトレーナーなどが民間資格として有名です。

民間資格の中には、国家資格や公的資格よりも評価が高い資格もありますが、認定する企業などの金儲けの道具になっている無意味な資格も多数存在するので注意が必要です。


【国際資格】

アメリカ弁護士・アメリカ公認会計士・国際証券アナリストなどの国際資格が注目されています。


・国際資格の取得法の書籍案内

プロジェクトマネジメント国際資格の取り方― すべてのプロジェクトを国際標準にする注目の資格PMP

インターネット国際資格の取り方―CIW資格ガイド+予想問題

なりたい!!国連職員&青年海外協力隊員―よくばり資格情報源…取り方&活用法


【終了資格】

講習やある一定のカリキュラムを終了すると同時に試験を受け、合格点に達すれば認定となる資格。


【許可資格】

茶道・華道など特に試験が無く、稽古を積み重ねる事で貰える免状を許可資格という。


 


 資格の種類TOPへ