資格取得のメリット  資格取得は就職に有利?

資格を取ろう
資格取得のメリット
資格の種類
資格取得は就職に有利?
資格を活かすには
自分に合った資格

資格で評価
英語は話せるが

独立系資格について
資格を選ぶ時に考える

士業は儲かるのか?

資格取得の勉強法
資格取得の為の勉強方
独学
通信講座
スクールに通う

速聴で能力アップ

サイトマップ


 資格・求人解決くん資格取得メリット ⇒ 資格取得は就職に有利


 資格取得は就職に有利


一般的に資格は就職の際に役立ちます。ほとんどの会社で、英検・TOEIC・簿記・秘書検定などは就職の際に役立つ人気の資格です。

近年は「パソコンが使えるか?」という事が問われる事が多いので、パソコンの資格も有利だと言えます。

また、どんな資格であっても取得したのであれば、取得までの努力を評価される可能性が高いのも事実です。


 不利な場合は無いの?


独立系の資格(○○士などの国家資格など)はどうでしょうか?会社側から、「直ぐに独立して会社を辞めるのではないだるか?」と思われても仕方ありません。

また、労働法などに詳しい社会保険労務士などの資格を持っていると、その会社の雇用の問題点などを指摘される可能性もあるので、雇う側は躊躇するかもしれません。


他にも、クリエイティブな仕事を希望しても、簿記の資格を持っていた為に事務や経理で採用されるなど、希望が叶わない事もあります。採用通知が来た時点では配属先は分らない事が多く、新入社員研修後に配属先が決定する場合が多いので注意が必要です。

クリエイティブな仕事などを希望する方が、簿記の資格を持っていてはいけないという訳でなく、履歴書の資格や特技の欄に「簿記」や「そろばん」などの資格を書くべきかどうか判断する事が必要です。


補足ですが、一般の会社を受ける際に、クリエイティブな資格を履歴書に書いていれば、その会社から「この人は、デザイン関係などの仕事がしたいのだろう。うちは第一志望じゃ無いだろう」と判断され、採用されない可能性もあると言えます。


 


 資格取得は就職に有利?TOPへ